DTM関連用語集 か行

カットオフ

フィルターの種類のうち、ある周波数以上(以下)の音を削るもの。
カットオフフィルターともいう。
シェルビングタイプのイコライザーに動作は似ているが、増幅がなく削減のみである。
シンセサイザーによく搭載されている。

Top

カットオフフリーケンシー

カットオフの設定値のこと。
カットオフ周波数とも言う。
「Frequency」を訳すと周波数になる。
LFOを使用することで周期的に値を変化させることができる。

Top

キー

楽曲の基本となる音程のこと。
日本語では「調」という。
「ハ長調」と「Cメジャースケール」は同義となり、どちらもキーは「C」になる。

Top

キースイッチ

MIDI音源に搭載されている機能のひとつで、あるノートメッセージを受信した場合に、再生されるサンプルを切り替える機能。
低音部や高音部などの通常は使わない音域のノートに割り当て、楽器の特殊奏法などを再現するために用いられる。

例えばギターなどの多様な奏法がある楽器の場合、再現するには奏法ごとに新たにパッチ(音色ファイル)を用意するなどの方法を用いる必要がある。
この方法では使用したい奏法の数だけパッチを読み込み、その数だけトラックを立ち上げる必要がある。
ほかにはベロシティスイッチにより奏法を切り替えるという方法もあるが、特殊奏法のベロシティが再現できないという問題があるし、せいぜいひとつかふたつ程度の奏法にしか対応できない。

キースイッチは、あるノートがオンの場合(鍵盤が押されている場合)は特殊奏法に切り替える、といったことが可能となる。
例えばギターの場合は最低音がE2なのでそれ以下の音程は使用されない。
(MIDI音源には各楽器が出せる音域を無視して発音出来てしまうものも多いが普通はやらない)
なのでそれ以下の音域にキースイッチを割り当て、キースイッチがオフの場合は通常奏法、C1がオンの場合はミュート奏法、D1がオンの場合はスライド奏法…といった具合に音色を切り替える。
感覚としてはサスティンペダルに似ていて、特殊奏法を使用する間は対応したキースイッチをオンにする感じである。
この辺の処理は音源ごとに異なるので、通常奏法に戻すにはそれ用のキースイッチをオンにする必要があるものもある。

この方式だと特殊奏法にもベロシティが設定できるので、ベロシティスイッチと組み合わせてよりリアルに再現できるし、多くの奏法にも対応できる。
また特殊なMIDIメッセージではなくノートに機能を割り当てることで、指定の鍵盤を押すだけで奏法の切り替えが出来る。
このためMIDIキーボードでの演奏時にも複数の奏法をリアルタイムに切り替えることが可能となっている。
特に大容量のソフトシンセによく搭載されている。

■キースイッチの例
キースイッチ

Top

ギター

弦楽器のひとつで、最もポピュラーな楽器のひとつ。
大別してアコギとエレキの2種類に分類される。
標準で6本の弦が張られており、ピックで弾く「ピック奏法」、指で直接弦を弾く「フィンガーピッキング」が音を出す基本的な奏法。

GM音源ではPC25~PC32にギターが割り振られている。
打ち込みで再現するのが最も難しい楽器のひとつ。
慣れるまではアコギのアルペジオ程度にしておくのが無難。

Top

ギターアンプ

エレキギターを接続し、音を増幅してスピーカーから出力する装置。
単純に音を大きくする用途だけでなく、入力信号を過大に増幅することにより音を歪ませ、積極的に音作りに利用することも多い。
メーカーや種類によって音に違いがあり、ギタリストは曲によってアンプを使い分けたりする。
有名なメーカーには「Marshall(マーシャル)」「Peavey(ピーヴィー)」などがある。

DTMではVSTなどのエフェクターにアンプシミュレーターがある。
ソフト音源などに掛けるだけでなく、パソコンにギターを接続してリアルタイムに演奏することも可能。

Top

空間系エフェクト(くうかんけいエフェクト)

エフェクターの種類のひとつ。
原音にリバーブやディレイなど残響音を付加し、空間の鳴りをシミュレートするエフェクターをまとめてこう呼ぶ。
トラックに直接インサートして使用される場合もあるが、センドエフェクトとして使用することが多い。

Top

クォンタイズ

シーケンサーの機能のひとつ。
MIDIデータのテンポのズレを、あらかじめ指定した設定でタイミングを修正する。
リアルタイム入力時のタイミングのズレを修正するときに重宝する。
通常は四分音符や八分音符などの正確な発音タイミングに修正するが、シーケンサーによっては「ズレ」の数値を設定することで発音タイミングに一定のノリや揺らぎを与えることが出来る機能もある。
(グループクォンタイズ)

Top

矩形波(くけいは)

オシレーターが発振する波形の種類の一つ。
DAWやオシロスコープなどで波形を視覚的に表示すると矩形(四角形)をしているためこう呼ばれる。
よく「硬い音」などと表現される。
英語では「square wave」(スクエアウェーブ)という。

矩形波

Top

クリック

メトロノーム

Top

クリッピングノイズ

音声信号を過大入力したときに発生するノイズのこと。
クリップ

Top

クリップ

音声信号を過大に入力または増幅することにより発生するノイズ。
クリッピングノイズとも言う。
音割れしたときに「チリチリ」や「プチプチ」と鳴るあれ。
過大入力によりノイズが発生していることを「音がクリップしている」という。

Top

グルーブクォンタイズ

あらかじめ指定したタイミングに音符を揃えるクォンタイズ。
通常のクォンタイズは四分音符や八分音符などのタイミングでしか揃えることが出来ないが、この機能を使えば任意のタイミングでクォンタイズを掛けることが出来る。

Top

クロマチックパーカッション

打楽器のうち、音程を演奏可能なもの。
木琴(マリンバ)や鉄琴(ビブラフォン)などがこれに分類される。
クロマチックとは「半音階」という意味で、ピアノと同じように半音ずつ順番に音を並べていることからこう呼ばれる。

Top

ゲートタイム

音符の長さのこと。
特にMIDIで音符の長さを指定するときにこう呼ばれる。
デュレーションとも言う。
MIDIでの四分音符の長さはゲートタイム=480Tickになる。
八分音符はその半分の240Tick。
つまり4/4/拍子の場合、一小節は480×4の1920Tickとなる。
「ゲートタイムを短くする」という場合は四分音符を八分音符等にするのではなく、480Tickを450Tickにする、というニュアンスになる。
(以上は全て分解能480の場合)

Top

減算方式(げんざんほうしき)

アナログシンセの音作りの方式の一つ。
オシレータによって発音された倍音を含む音を、フィルターで倍音成分を削ることによって音を作る。
元の音から倍音成分を「引く」方式なので減算方式という。
もともと倍音を含まないサイン波にフィルターを掛けてもあまり意味がない。

Top

コード

和音のこと。
2つの異なる音程の音が同時に鳴れば和音となるが、互いの音程の差が大きすぎると響かなくなるため和音にはならない。
またオクターブ同士(高いドと低いドなど)が同時に鳴っても和音とは呼ばれない。

西洋音楽では3和音以上が基本となる。
2和音は3和音の省略形と考えられる。
作曲やアレンジをする上でコードを理解することは非常に重要。

Top

コード進行(コードしんこう)

コード理論の一種で、メロディや曲の展開に合わせてコードが変化すること。
どのように進行するかはコード理論を元に、作曲家やアレンジャーの個性が大きく反映される。
メロディが同じでもコード進行が違うと違った曲のように聞こえる。
大抵の楽曲でコード進行は存在するが、ジャンルによってはコードが変化しない楽曲、またコードの概念がない楽曲もある。

Top

コードストローク

ギターでコードを演奏する際に用いられる、最もポピュラーな奏法。
ストローク奏法。
曲のリズムに合わせて腕を上下に振り、複数の弦を同時に弾き音を出す。
腕を上から下に振り下ろすのを「ダウンストローク」、下から上に振り上げるのを「アップストローク」という。

MIDIでは、ダウンストロークは低音から高音へ、アップストロークは高音から低音へ発音をわずかにずらしていくことで再現する。
またギターは6弦あるが、ストローク時に常に全ての弦を鳴らしているわけではない。
曲のアクセントに合わせて、強拍では全ての弦弾き、弱拍では1~2弦あたりの低音の弦は弾かずにそのままにしておくとよりギターらしくなる。

コードストロークの例。
前半がコードストローク、後半はアルペジオ奏法。

■コードストロークの例

Top

コード理論(コードりろん)

楽曲にコード付けをする際に、音がきれいに響くようにまとめられた理論。
クラシックでは和声学ともいうが、完全に同一ではない。
作曲やアレンジをする上でコード理論は非常に重要。
また理論と言ってもこれが正解というものはないため、作曲者やアレンジャーの個性が発揮出来る部分でもある。

Top

コーラス

歌声でハーモニーを奏でること。
「アー」とか「ウー」とか意味のない言葉のを歌う場合もあれば、ボーカルと同じ歌詞を違う音程で歌う場合もある。
またオブリガート的なフレーズを歌うこともよくある。

また、MIDI音源やエフェクターでは「コーラス」というエフェクトがある。
これは原音に対してわずかにピッチをずらした音を重ねることにより、音に厚みを出す。
ずらした音を周期的に変化させることにより独特のうねりを生むことも出来る。
MIDIではGS音源やXG音源などにに搭載されており、コントロールチェンジによりでコーラスエフェクトへのセンドレベルを設定する。

別の意味として、楽曲の構成のうち1番を1コーラス(ワンコーラス)、2番を2コーラスと数える。

Top

コントロールチェンジ

音源の設定や音色の変化などをコントロールするMIDIメッセージ。
長いのでCCと略される。
CC0~CC127まであるが、定義されている(使用可能な)番号は半分程度、さらに実際のMIDI作成時に使用するメッセージはせいぜい十数程度。
VSTなどのソフト音源を主に使用していて、GM音源を使わないならあまり深く知らなくても大丈夫。

コントロールチェンジは「番号」と「値」の2つのデータで構成されていて、「CC7番の値を90にする」という風に使用される。
これらを組み合わせたり連続的に使用することによってMIDIデータの表現力を豊かにする。

コントロールチェンジを使った音源の設定や演奏の表現は数多くある。
以下は代表的なもの。

  • ビブラート
  • チャンネルごとの音量
  • パン
  • エクスプレッション
  • ポルタメント
  • ピアノのサスティンペダル
  • GM音源に搭載されているリバーブなどのエフェクターへのセンドレベル

Top

コンプレッサー

エフェクターの一種。
入力された音が、設定された音量を超えた場合に音量を抑制して出力する。
コンプ。
音量が不揃いな演奏の音量をある程度揃えたり、積極的な音作りのために使用される。
主に以下の設定パラメータがある。

  • スレッショルド:どれだけの音量になれば抑制を開始するかの設定
  • レシオ:音量がスレッショルド値を超えた場合、どれだけの割合で抑制するかの設定
  • アタック:音量がスレッショルド値を超えた場合、抑制開始するまでの時間の設定
  • リリース:音量がスレッショルド値を超えた後、スレッショルド値を下回ったときに抑制を終了するまでの時間の設定

Top

スポンサードリンク