シーケンサーとDAW

いままでの説明の中で「DTMソフト」としてきたものは一般的には「シーケンサー」または「DAW」と呼ばれます。
両者に明確な線引きがあるのかはよくわかりませんが、MIDIとオーディオを扱えるものをDAW、MIDIのみを扱えるものをシーケンサー(またはMIDIシーケンサー)と呼んでいることが多いようです。
しかしオーディオを扱えるのにシーケンサーと読んでいたり、オーディオシーケンサーなどというよくわからない言葉もあります。
感覚的にはシーケンサーがより高機能になったものをDAWと呼んでいるようです。

両者の違い

シーケンサー

各ソフトによって当然出来ることは違ってきますが、最低限出来ることはどのソフトも同じようなものです。
MIDIシーケンサーで出来ることは

  • MIDIデータの打ち込み、再生、録音
  • スタンダードMIDIファイルの読み込み、書き出し

いわゆる「打ち込み系音楽」の「打ち込み」作業をするためのソフトです。
MIDIデータを「打ち込む」から打ち込み系音楽と呼ばれます。
一昔前のDTMと言えばこのMIDIシーケンサーを使用することを指していました。

基本的にMIDIに関することは大体出来るようになっています。
MIDIの録音というのは、MIDIキーボードなどの演奏を記録することで、一度記録すれば後から何度でも演奏を再現できます。
また記録した演奏情報を手動で手直しすることも出来ます。
これらの機能はシーケンサーとして必要最低限のもので、ソフトによってMIDIの入力支援機能がついていたりします。

スタンダードMIDIファイルとは、シーケンサーソフトの種類に関係なく、どのソフトでも読み込みが可能なMIDIファイルの形式です。
シーケンサーソフトは、各ソフトごとに独自のファイル形式でデータを保存します。
これにはMIDIデータも含まれますが、シーケンサーソフト独自の設定情報なども一緒に保存されています。
そのため、そのままでは別のシーケンサーでは読み込むことが出来ません。

スタンダードMIDIファイルは、単純にMIDIに関する情報のみが記録されているファイルです。
MIDIは共通の規格ですから、MIDIに対応したソフトならば読み込むことが出来ます。
例えば他人にMIDIファイルを渡す時はこの形式にしておくと「ファイルが開けない」といったトラブルを防ぐことが出来ます。
略してSMFとも表記され、拡張子は「.mid」または「.midi」です。

DAW

デジタルオーディオワークステーションの略で、「ダウ」とか「ディーエーダブリュー」などと発音します。
DAWは上のシーケンサーソフトの機能に加えて

  • オーディオファイルの読み込み、録音、書き出し
  • オーディオファイルの編集、加工、ミックスダウン

シーケンサーのMIDI機能+オーディオ機能が加わったものがDAWです。
これももちろん各ソフトにより違いはありますが、基本的に「音に関することならほぼ全てのことが出来る」ものとなっています。
最近のDTMはこのDAWを使ってMIDIの打ち込みやオーディオの録音などをまとめて扱うのが主流になっています。

ちなみにオーディオを扱えるがMIDIは扱えない、というソフトは波形編集ソフトと呼びます。

最初はフリーソフトで十分

具体的にどのソフトを選べばいいでしょうか。
いきなり有料のパッケージソフトを選ぶ手もありますが、最初はフリーソフトにすることをおすすめします。
シーケンサーとDAWの両方にフリーソフトがあります。

有料ソフトのほうが高機能なのは言うまでもありませが、高機能ゆえに操作がわかりにくかったり、初心者には必要ないような機能ばかりだったりします。
DTMは通常のパソコン操作とは違った知識が必要になります。
お金を出して高機能なソフトを購入したのはいいが、全然使いこなすことが出来ず宝の持ち腐れになってしまうかもしれません。

フリーソフトといってもどれも必要な機能は大体揃っています。
最初は気軽にフリーソフト、慣れてきて機能に不満が出てきたら有料ソフト…というのがいいと思います。

まとめ

  • MIDIを再生、編集、録音などが出来るものをシーケンサーソフトという
  • 加えてオーディオの再生、編集、録音などが出来るものをDAWソフトという
  • どのソフトでも読み込み可能な形式のMIDIファイルをスタンダードMIDIファイルという

スポンサードリンク