VST、ASIOについて

フリーのDAW紹介のページでASIOVSTという新しい単語が出てきましたので説明します。
両方ともオーディオに関する規格の名前です。
最初のうちは関係ないので、こういうものがある、という程度でいいので軽く読んでおいてください。

VST

音を加工する「エフェクター」をDAWに追加するための標準規格です。
VSTという規格に対応したDAWにはVSTプラグインを追加することが出来ます。
プラグインとは、DAWに標準では搭載していない、新たな機能を追加するものです。
(たぶん新たにプラグをつなぐ→プラグイン みたいな意味です)
DAWには最初からいくつかのプラグインが標準搭載されていますが、必要最低限のものしかなかったりして次第に物足りなくなってきます。
そういう場合に「プラグイン」という形でDAWに新たなエフェクターを追加することが出来ます。

さらにVSTインスウルメントという規格があり、こちらはエフェクターではなく「MIDI音源」をDAWに追加することが出来ます。
DTMに必要なもののページで音源には「ハードウェア音源」と「ソフトウェア音源(ソフトシンセ)」の2種類があると説明しましたが、そのうちの「ソフト音源」がこの「VSTインストゥルメント」というわけです。
VSTインストゥルメントはよくVSTiと略して表記されます。

VST以外にもDXやRTASなどの規格がありますが、VST規格が一番スタンダードで、ほとんどのDAW、プラグインがVSTに対応しています。

ASIO

サウンドカードに関する規格で、「アジオ」と発音します。
正確にはドライバの規格で、ASIO対応のサウンドカードとASIO対応のDAWをあわせて使うことで、オーディオの発音の遅れ(レイテンシという)を抑えることが出来ます。
(ドライバはDTM用語というわけではないので詳しく説明はしません。要するにパソコンに外部機器を接続するときに必要なプログラムのことです)
遅延があってもMIDIのみ、またはオーディオのみの場合は何とかなりますが、両方扱っている場合はMIDIが再生された後に遅れてオーディオが再生される、という困った状況になります。
DTM用のサウンドカードはほぼ全てがASIOに対応していると言っていいほど標準的な規格です。
また複数トラックの同時録音などの機能をサポートしています。

  • VSTとはプラグインの規格
  • プラグインとはDAWに新たな機能を追加するためのもの
  • VST規格以外にも様々な規格があるが、VSTが一番普及している
  • ASIOとはサウンドカードに関する規格
  • DAW、サウンドカードの両方が対応している必要がある
  • ASIOを使うとオーディオ再生時の発音の遅れを大幅に抑えることが出来る

スポンサードリンク