ソフト選びは重要、だけど気軽に

おすすめDTM用フリーソフトでいくつかDTMソフトを紹介しましたが、どれを選べばいいのかわからない、選べないという人がいるかもしれません。
ソフト選びは結構重要で、生産性などに大きくかかわってきます。
しかし紹介したソフトはどれも無料なので、いろいろ試してみて自分にあったソフトを選ぶといいでしょう。
といっても最初はどれを選んでもわけわからんと思います。
慣れるまでいじくりまわしましょう。

オススメなのはDAWのMusic Studio Producerか、Reaper+Dominoです。
というのも、この2つはVSTASIOに対応しているからです。
また有名なソフトなので解説サイトがたくさんあります。

VSTとASIOはDTMをする上で非常に重要です。(特にWindowsユーザー)
この2つがないと話にならないってくらい。
もちろん代替がないわけではないですが、一番普及している規格を避けてあえて他のものを選ぶことはないでしょう。

とくにVSTはフリーのプラグインがネット上にたくさんあるので無料で機能を追加出来ます。
無料といっても有料のものに引けを取らないものもたくさんあります。
(引けを取るものもたくさんあります)
出来るだけ出費を抑えたいなら迷わずVSTに対応したソフトを選びましょう。

さらに重要なのがVSTインストゥルメント(VSTi)です。
ハードウェア音源は当然のことながら楽器屋などに行ってお金を出して買わなければなりません。
しかしVSTiはソフト音源で、要するにパソコンのソフトの一種です。
VSTプラグインと同じくネット上にフリーのVSTiがたくさんあるので自由にダウンロード出来ます。
正直VSTi以外の方法で無料の音源を使うとなると厳しいです。
あることはあるのですが、VSTiのほうが音も使い勝手も、さらに拡張性も格段に上です。

最初から無料で出来ますし、今は新しいプラグインはまずVSTに対応すると言ってもいいくらい普及していますから、後々のことを考えてもVSTを使える環境を整えるのをオススメします。

Music Studio ProducerはこれひとつでMIDI+オーディオの環境が出来ますし、Reaperも単体でMIDIとオーディオを扱えますがMIDI機能が扱いにくいのでよくDominoと併用されます。

Studio Oneも優れたソフトですが、Free版はVSTプラグインの追加に対応していないのがつらいところです。
上位版はVSTプラグインの追加が可能ですから、Free版を使ってみて気に入ったら上位版の購入を検討してもいいでしょう。

さて次はDTMに必須なもののもう一つ、音源について説明します。

スポンサードリンク