最初はOS付属のMIDI音源で

さて音源ですが、無料でやるならソフトシンセ(ソフトウェア音源)択一です。
ソフトシンセには大きく2種類あります。
一つは前ページで説明したVSTプラグインの一種である「VSTインストゥルメント」です。
VST以外にもいろいろ規格がありますが、普通ソフトシンセといえばこういったプラグイン形式のものを指します。
VSTプラグインはフリーのものがたくさんあるので、これらを使えば無料でMIDI音源を入手できます。

もう一つはプラグイン形式でないソフトシンセです。
プラグイン形式ではないものをスタンドアロンと呼びます。

以前「DTMをやらない人はMIDI音源はまず持っていない」と説明しましたが、実はWindowsを使っている人はこの形式のソフトシンセを持っています。
Windowsには最初からMicrosoft GS Wavetable SW Synthというソフトシンセが搭載されていて、新たに音源を導入しなくてもMIDIを鳴らすことが出来ます。

ですがこれを使ってDTMをする人はほとんどいません。
音が悪すぎるからです。

しかし、ややこしい設定をすることなく簡単に音が出せるので、初心者の方にはオススメ出来ます。
このサイトでも最初はこのシンセの使い方を説明します。
また、GM対応でフリーのものはこのOSのMIDIデバイス形式のものしかありません。

GMについて

GMとは、General MIDIの略で、MIDIの拡張規格です。
簡単に言えば、MIDI規格での取り決めをもっと細かいところまで決めようという規格です。

MIDI規格によって、メーカーが違っても「ド」の音は「ド」、「ミ」の音は「ミ」で鳴らすことが出来るようになりました。
しかしMIDI規格には音色に関する決まりがないので、ピアノの音のつもりでデータを送信しても、受信した音源ではフルートの音で演奏されてしまうかもしれません。
またたくさんの演奏パートがあるMIDIデータを送信しても、受信側が複数のパートの同時演奏に対応していない場合は思ったように演奏されません。

このようなトラブルを防ぐため、GM対応音源では16パートを同時に演奏することができます。
(複数のパートを同時に演奏できるMIDI音源をマルチティンバー音源といいます)
音色数は最低でも128音持っています。
この128の音色の種類まで決められており、1番目の音色はピアノ、25番目の音色はギター…といった具合に並び順も決められています。
そのためGM対応音源なら1番目の音色を指定してやればピアノの音が鳴ります。
また音源によって収録されている楽器の種類は同じですから、あの音源にはオルガンがないとかフルートがないとか、そういった問題はなくなります。

GM音源同士なら少なくともまともに演奏されないといったトラブルは防げます。
しかし各音源によってピアノはピアノでも音色のニュアンスが違ったりするので、完全に同じ音で演奏することは出来ません。

MSGS(Microsoft GS Wavetable SW Synth)はGM対応で、これ一つで128の音色を鳴らすことが出来ます。
本当はGMではなくGSという規格なんですがややこしいのでGM互換の規格と思って下さい。

Macの方はQuickTimeに同等のGS音源が搭載されているのでそちらを利用するとよいでしょう。

スポンサードリンク