プログラムチェンジとコントロールチェンジ

前回の打ち込みで、音色の変更とパン(定位)の設定を行いました。
音色の変更はプログラムチェンジ(PC)で設定します。

ではパンは何で設定されるんでしょうか?

音色を変更する場合はプログラムチェンジという独立した信号が用意されていますが、そのほかの設定のほとんどはコントロールチェンジ(CC)という信号で行います。

プログラムチェンジの番号にそれぞれ楽器が割り振られているように、コントロールチェンジ番号にもそれぞれ機能が割り振られています。

先ほど「010 Panpot」の設定を変更しましたが、これはパンの設定が割り振られている「コントロールチェンジ10番」の設定値を「30」に変更したわけです。
コントロールチェンジ10番の値を「127」にすればそのチャンネルの音は右のスピーカーから聞こえてきます。

そのほかで言えば、「コントロールチェンジ7番」はボリュームの設定です。
値を「0」にすれば無音になり、「127」にすれば音量は最大になります。

もう気づいたかもしれませんが、MIDIでは「0から127」の128段階でデータを設定します。
(プログラムチェンジは1から128の128種類です)
プログラムチェンジは「番号」のみで、値は持ちません。
コントロールチェンジは「番号」と「値」を持ちます。
コントロールチェンジ番号7番、値が64なら「ボリュームを64」に設定します。
0~127のうちの64ですから、音量をちょうど半分に設定するという意味です。

プログラムチェンジは番号しか設定するものがありませんから、これだけだと128種類までしか音色数を持つことが出来ません。
それ以上の音色数を持つ音源の場合、プログラムチェンジに加えてコントロールチェンジ0番、32番をセットで設定することによって音色を指定します。
コントロールチェンジ0番と32番は音色の指定という少し特殊な用途に用いられますが、それ以外のコントロールチェンジは音源の設定や演奏のニュアンスの再現のために用いられます。
(コントロールチェンジ0番と32番についてはいずれ説明します)

コントロールチェンジの番号も0から127までありますが、機能が割り当てられているのは半分くらいで、その中で使用することがあるのはせいぜい十数個程度です。

よく使うコントロールチェンジには以下のようなものがあります。
(「CC1」は「コントロールチェンジ1番」の略です)

  • CC1 :モジュレーション(音をビブラートさせる)
  • CC7 :ボリューム(チャンネルの音量設定)
  • CC10:パン(チャンネルの左右の定位)
  • CC11:エクスプレッション(演奏の抑揚)
  • CC64:ホールド(オンの間音を持続させる)
  • CC91:リバーブセンド(リバーブエフェクトへの送り量)
  • CC93:コーラスセンド(コーラスエフェクトへの送り量)

CC7とCC11はどちらもボリュームに関する設定なのですが、CC7はチャンネル全体のボリュームの設定で、最初に設定してからは曲中であまり設定を変更しません。
CC11は演奏中にリアルタイムに変化させて演奏に抑揚をつけるために使われます。
バイオリンやブラスなど音量変化が肝の楽器で多様されます。

CC64は主にピアノで使われるコントロールで、ピアノペダルのひとつである「ホールドペダル」と同じ働きをします。
設定値が「63以下」の場合はオフ、「64以上」の場合はオンになります。
ホールドがオンの間は音符の長さに関係なく、音が伸ばしっぱなしになります。

CC91とCC93はエフェクトに関する設定です
リバーブとは残響効果のことで、トンネルやお風呂場などのように音に響きを加えることが出来ます。
コーラスは元の音にわずかにピッチ(音の高さ)をずらした音を重ねることによって、音に厚みを加えることが出来ます。
(しかしリバーブもコーラスもMSGSでは使用出来ません…)

詳しい事はまた別の機会に説明しますので、今はこんなものがあるくらいの感じで見ておいてください。

音符情報について

いままでの説明の中でずっと「音符」と表記してきましたが、MIDIでは音符情報のことをノートといいます。
ピアノの鍵盤に例えますと、鍵盤を押すとノートオンメッセージが、鍵盤を放すとノートオフメッセージが送信されます。

さらっと登場しましたが、MIDI信号のことをメッセージまたはMIDIメッセージといいます。
コントロールチェンジもノートオンもメッセージです。

ノートが持っている情報は「音の高さ」「音の長さ」「ベロシティ」の3つです。

ノートとは要するに音符のことなので、「音の高さ」と「音の長さ」は五線譜上のどの高さにあるのかと、音符の形(四分音符とか八分音符とか)のことです。
ベロシティはドラムの打ち込みのページで説明した通り、楽器を弾く強さを表します。
五線譜上では一応「mp(メゾピアノ)」や「ff(フォルテッシモ)」などにあたりますが、どちらかというと演奏のノリやニュアンスを表現するためのものです。

どういうことかというと、人間は楽器を演奏するとき、曲にあわせて無意識に強く弾いたり弱く弾いたりしています。
この無意識の強弱が演奏のノリや人間らしさにつながります。
演奏が上手い人ほど巧みに演奏に強弱をつけます。
逆に人間にはMIDIのように「常に全く同じ強さで弾く」なんてことは出来ません。
なのでわざと機械的なニュアンスを出したい場合はベロシティを一定にしたりします。

対してメゾピアノやフォルテなどは、作曲者が曲の場面ごとの楽器の演奏の強弱を指定します。
音符ひとつひとつにメゾピアノなどの指示は書かれません。
ベロシティは全ての音符が持っている情報で、演奏者に委ねられている音符ひとつひとつの強弱を再現するものです。

まとめ

  • 音色の指定はプログラムチェンジ(PC)で行う
  • 音源の設定や演奏のニュアンス再現などはコントロールチェンジ(CC)で行う
  • MIDIでは音符情報のことをノートという
  • 音の鳴り始めをノートオン、鳴り終わりをノートオフという
  • PCはデータとして番号のみを持つ
  • CCはデータとして番号とその値を持つ
  • ノートはデータとして「長さ(ゲート)」「高さ(ピッチ)」「強さ(ベロシティ)」を持つ
  • 全てのMIDIデータは上記に加えて位置情報を持つ
    (何小節目の何拍目にデータがあるかという情報)

スポンサードリンク