ポルタメントで滑らかに音をつなぐ

ポルタメントとはある音程から別の音程へと音を滑らかにつなぐことを言います。
音程を変化させるのはピッチベンドと同じですが、ピッチベンドは変化するカーブを自分で描きコントロールするのに対し、ポルタメントは音符を並べるだけで音符同士が自動でつながり、滑らかにピッチが変化します。

■ピッチベンドとポルタメントの違い
ピッチベンドとポルタメントの違い

ピッチベンドは音程変化するタイミングは自由に設定できます。
ポルタメントは次のノートオンを受信してから音程変化が開始されます。

ポルタメントは生楽器とシンセ(アナログシンセ)ではやや扱いが異なります。
元々はバイオリンや声楽などで用いられる奏法で、大げさに掛けたりあまり多用することは下品とされます。
シンセの音色の場合は全体にポルタメントを掛けることでシンセらしい音色変化作ることが出来ます。
どちらかというとMIDIメッセージのポルタメントは生楽器ではなくてシンセサイザー用に使うことが多く、生楽器のポルタメント奏法はピッチベンドで再現するほうがイメージ通りに作りやすいと思います。

生楽器の例とシンセの例と2つ用意しました。

■ポルタメントの例(バイオリン)

■ポルタメントの例(アナログシンセ)

バイオリンの方は2箇所でポルタメントを掛けています。
例によって大げさに掛けていますので、実際ここまであからさまなポルタメント奏法はしません。

シンセの方はメインメロディに常にポルタメントが掛かった状態です。
音程が大きく上下する箇所などが分かりやすいと思います。

ポルタメント(Portament)
メッセージ 設定値 説明
CC65 0~63、64~127 ポルタメント オン/オフ
0~63でオフ、64~127でオン
CC5 0~127 ポルタメント・タイム
ポルタメント時のピッチ変化速度
0で最速、127で最遅
CC84 0~127 ポルタメント・コントロール
音程変化を開始するソース・ノートを指定

CC65はチャンネルのポルタメントをオン/オフを設定します。
オンにするとそれ以降全ての音にポルタメントが掛かるようになります。
数値は通常は0または127のどちらかで指定します。

ポルタメントタイムは音程変化する時間を指定します。
数値が小さいほど次の音程へ素早く変化し、数値が大きいほどゆっくりと変化していきます。

ポルタメントコントロールはちょっとややこしいですが、音程変化を開始する音程を指定します。
たとえば通常、「ド」と「レ」をポルタメントさせた時は「ド」から「レ」へと音程がなめらかに変化します。
(当たり前ですが)
この時「ド」の音自体はいらないけれど「ド」の音程から「レ」に滑らかに音程変化させたいときにポルタメントコントロールを使用します。
つまり音自体は音程が「ド」まで下がった状態の「レ」から開始されます。
音程の指定の仕方は「60」が真ん中のドになります。
61が半音上の「ド#」、62が「レ」になります。
あまり使われることはない機能です。

ポリモードとモノモード

さてポルタメントに関連して、もう一つコントロールを紹介します。

ポリモード/モノモード(Poly Mode/Mono Mode)
メッセージ 設定値 説明
CC126 0 ポリモード オン
CC127 0 モノモード オン

MIDIにはポリモードモノモードという2つの発音方法があります。
ポリモードは同時に複数の音を出せる方式で、ほとんどの音源の初期値はこれになっています。
(Polyphonic=多声・多音)
ピアノやギターなど同時に複数の音が出せる楽器に使用されます。

モノモードは同時にひとつの音しか発音できない方式です。
(Monophonic=単音・モノラル)
トランペットやフルートのような管楽器、人の声など同時にひとつの音しか出せない楽器に使用されます。

ポルタメントを掛ける場合はモノモードを使用したほうが綺麗に掛かります。
ポルタメントを使用しない場合でも、構造的に単音しか出ないような楽器を使用する場合はモノモードにしておいたほうがそれらしい演奏になります。
ただし単音しか出ないということはハーモニー(和音)を使用することが出来なくなるので、状況によって使い分けましょう。

スポンサードリンク