Synth1で音作りをしてみよう

Synth1には128種類のプリセットサウンドが用意されていますが、アナログシンセの仕組みが理解できれば音作りの幅が広がります。
プリセットサウンドをいじくってもよし、ゼロから音作りをしてもよし。
ここではごく基本的なシンセのセッティングをいくつか紹介します。
楽器のシミュレートをしたい場合はSynth1のプリセットにたくさん入っていますので、そちらを参考にして下さい。

Synth1をいじれるようになると他のアナログシンセをいじる際にも役立つでしょう。

Synth1の基本的な部分しか説明していませんので、詳細が知りたい場合は公式サイトの説明書を参考にして下さい。

操作手順

Synth1を初期化

まずSynth1を最低限の設定にしておきます。
別にこの手順は必須ではありませんが、必要のない機能がオンだとイメージした通りの音にならないことがあります。
以下は初期化の例です。

synth1の初期化

Synth1を起動したらデフォルトの音色(Synth1 brastring)が呼び出されます。
「LFO1」「Tempo Delay」「Chorus/Flanger」をそれぞれオフにします。
「LFO2」「Arpeggiator」「Effect」「unison」は最初からオフに、「Voice」セクションは最初から上図のようになっていると思いますが、一応確認しておいてください。
ポリモードは和音が演奏できるモード、ポリ数は最大同時発音数です。

VCOの右下にある「mix」のツマミを一番左側にセットしてください。
これはVCO1とVCO2のミックスの割合を設定するツマミです。
一番左にするとVCO1のみが出力され、一番右にするとVCO2のみが出力されます。
真ん中だと両方の音が同じ音量でミックスされて出力されます。

アンプとフィルターの設定は上図を参考にして下さい。
簡単に用語の説明をします。

ADSR
エンベロープジェネレータ。
Attack、Decay、Sustain、Releaseの4つ。
初期値はアンプのサステイン(S)のみを右端に、後は全て左端にセットします。
gain
音量。
初期値は真ん中か少し右程度でいいでしょう。
vel
ベロシティに従って音量を上下させます。
右端で最大感度、左端にするとベロシティの値は無視されます。
初期値は真ん中か一番右端でいいでしょう。
amt
アマウント。
フィルターエンベロープの掛かり具合を設定します。
真ん中だとエンベロープの設定は無視されます。
右に回すほど変化量が大きくなります。
左に回すとエンベロープカーブが上下逆に変化します。
初期値は真ん中よりやや右か、一番右端に。
frq
カットオフ周波数。
初期値は右端。
res
レゾナンス。
初期値は左端。
sat
サチュレーション。
右に回すほど音が飽和します。
音量を上げてリミッターを掛けたような音になります。
初期値は左端。
trk
トラッキング。
ノートの高さに応じてカットオフ周波数を上下させます。
初期値は真ん中。
vel(スイッチ)
オンにするとベロシティ値に応じてエンベロープの掛かり具合が変化します。
初期値はオフ。
type

フィルタータイプ。
「LP12」=ローパス12db。
「LP24」=ローパス24db。
「HP12」=ハイパス12db。
「BP12」=バンドパス12db。
初期値はLP24。

以上でVCO1の基本波形がそのまま出力されるごくシンプルな設定になります。

ミョンミョンサウンド

いかにもシンセらしいサウンドのひとつ。

ミョンミョンサウンド

フィルターエンベロープのアタックとディケイ、カットオフ周波数とレゾナンスをそれぞれ真ん中あたりに設定。
アタック、ディケイ、amt値を変えるとミョーンのニュアンスが変わります。

■ミョンミョンサウンド

トレモロ

アンプにLFOを掛けると音量が周期的に変化します。

トレモロ

「LFO1」をオンにし、「dst」をクリックしてモジュレーション先を「amp」に設定。
(「amp」のすぐ左のランプを直接クリックでもOK)
「spd」でトレモロのスピードが変化します。
「amt」で音量の上下幅が変化します。

「dst」のすぐ左の波形画像(上図では三角波)をクリックするとLFO波形を選択できます。
「tempo」をオンにするとテンポシンクがオンになり、「spd」の値が128段階変化から音符の長さに合わせた値になります。
つまりDAWのテンポの設定に追従するようになり、たとえば「(4)+(8)」なら四分音符+八分音符分の長さになります。

■トレモロ

ほぼ同じ手順なのでついでに紹介しますが、モジュレーション先を「pan」に設定するとオートパン効果が得られます。

パルスウィズモジュレーション

LFOをパルスウィズに掛けることで、パルス波のデューティー比が周期的に変化し音に厚みが増します。
(デューティー比についてはVCO、VCF、VCAについてを参照)

パルスウィズモジュレーション

「VCO1」の波形をパルス波にセット。
「LFO1」をオン、波形を三角波にセット。
「dst」でモジュレーション先を「p/w」にセット。

「spd」「amt」を好みで調整。
良く分からない人は上図の値を参考にしてください。
(テンポシンクがオンになっているので注意)
「p/w」ツマミを調整することでも音色が変わります。

ちなみにSynth1では矩形波とパルス波は共用となっていて、50%パルス波を出す事で矩形波が得られます。
「mix」のすぐ右隣の「p/w」がデューティー比の設定ツマミで、これを一番右に回すと矩形波になります。
真ん中(64)で25%パルス波になります。

■パルスウィズモジュレーション

前半はただの25%パルス波、後半がパルスウィズモジュレーション。

コンピュータ

音色というよりはサウンドエフェクト。

コンピュータ

■コンピュータ

「VCO1」の波形をパルス波にセット。
「LFO1」をオンにし、波形をランダム波形に、「dst」でモジュレーション先を「osc1,2」にセット。
「spd」と「amt」を調節するとコンピュータ的なサウンドになります。
このサンプル音源は25%パルス波で軽くハイパスフィルターを掛けています。
「p/w」ツマミでデューティー比を変えてみてもいいでしょう。

ポルタメント

音程を滑らかにつなぐ機能です。

ポルタメント

Synth1の右下にある「Voice」セクションで「mono」を選択。
「portamento」ツマミを少し右に回し、「auto」をオン。

「mono」を選択することでモノモードとなり、単音しか発音しなくなります。
(和音の演奏ができなくなる)
「portamento」ツマミを右に回すほど音程がゆっくりと変化します。
「auto」は音符がつながっている時にだけポルタメントが有効になります。

音符がつながるとは、前の音符のノートオフメッセージより前に次の音符のノートオンメッセージを送信することです。
「auto」がオフだと常にポルタメントが有効になり、音符のつながりに関係なく常に前の音符の高さから音程変化が始まります。
音符のつながり

ちなみに「legato」モードにすると、音符がつながっている場合、その音符のVCAエンベロープとVCFエンベロープが無効になります。
モノモードの場合は音符がつながっていても常に各エンベロープが有効になり、音符ごとにエンベロープに従った変化が有効になります。

■ポルタメント

前半はただのモノモードによる演奏、後半はポルタメントを掛けた演奏。
音程が滑らかにつながっていることに注目してください。

モジュレーションとピッチベンド

ついでなのでこれらの機能も紹介しておきます。

モジュレーション

大抵のMIDIキーボードには左端あたりにモジュレーションホイールというツマミが搭載されています。
これを操作することでリアルタイムにMIDIコントロールを掛けることができるます。
打ち込みならばコントロールチェンジも全部マウスなどで打ち込んでしまうのであまり使うことがないかもしれません。

ほとんどのMIDIキーボードのモジュレーションホイールはCC1(モジュレーションメッセージ)が送信されるように設定されています。
というより、たぶんCC1を操作するからモジュレーションホイールと呼ばれるのでしょう。

Synth1では「Wheel/MIDI」というセクションでモジュレーションの設定ができます。
2つ用意されていますので、一つの操作(MIDIメッセージ)で同時に2つコントロールすることができます。
初期状態では両方とも「#1:mod wheel」という設定になっていますが、これはCC1を表わしています。
つまり「#」はコントロールチェンジを意味します。

初期状態の「lfo1 depth」「lfo speed」は、LOF1の「amt」と「spd」のことです。
ここを変更するとモジュレーションでほかの回路を操作できるようになります。

モジュレーションがよく使われるのはビブラートのコントロールです。
Synth1ではLFO1オンに、「osc1,2」にセットし、「spd」と「amt」をどちらも0(一番左端)にします。
波形は三角波か正弦波にセットします。
次に「src1」「src2」のアマウントツマミを調整します。
両方とも一番右端でもかまいません。
これでCC1でビブラートをコントロールできるようになります。
Synth1_モジュレーション設定

もちろんビブラート以外にも設定次第であらゆるコントロールができますので、使い方次第です。

ピッチベンド

これも大抵のMIDIキーボードの左端に搭載されているツマミです。
これはその名の通り、ピッチを上下させます。

ピッチの上下幅は「p.b range」で変更します。
「12」ならば、ピッチベンドの値を最大値に設定すると1オクターブ(半音12個分)変化します。
「2」ならば全音(半音2個分)変化します。

Synth1をMIDIでコントロールする

Synth1は初期設定では各コントロールにコントロールチェンジ番号が割り振られていません。
カットオフ周波数とレゾナンスあたりはオートメーションさせることが多いので、コントロールチェンジで操作できるように設定しましょう。

設定ファイルの読み込み

もっとも簡単な方法は「opt」でオプションダイアログを開き、「MIDI」タブ→「Control Change Map」の「Load」から設定ファイルを読み込む方法です。
Synth1のインストールフォルダの「setting」フォルダに「nordlead2.ccm」というファイルが用意されていますので、これを読み込めばいくつかの主要なコントロールにコントロールチェンジ番号が割り当てられます。

synth1の初期化

どのコントロールにどの番号が割り当てられているかは左の「Parameter」リストから確認できます。
ちなみにカットオフ周波数(filter freq)にはCC74番、レゾナンス(filter resonance)にはCC42番が割り当てられています。
このリストから番号を新規に割り当てたり変更することもできます。

MIDI Learnモードで設定

Synth1にはMIDI Learnモードという便利なコントロールチェンジ割り当て機能があります。

先ほどの「opt」ボタンを、キーボードのShiftキーを押しながらクリックするとMIDI Learnモードがスタートします。
この状態でコントロールチェンジを割り当てたいSynth1上のツマミをクリックします。
次にSynth1に割り当てたいコントロールチェンジを送信します。
最後に「opt」ボタンをクリックしてMIDI Learnモードを終了します。

これでそのツマミは送信したコントロールチェンジ番号で操作できるようになります。
Synth1にコントロールチェンジを送信する場合は設定したいコントロールチェンジのみを送信するようにしてください。

スポンサードリンク