DTMの基礎知識編のまとめ

一章と二章に渡ってDTMの基本的な知識を説明してきました。
文字が多くてつまらなかったかもしれませんね。
ここで一度簡単にまとめておきます。
かなり簡単な説明なので、あやふやなところがあれば確認しておきましょう。

DTM

シーケンサーやDAWといったDTMソフトを使ってパソコンで音楽を作ること。

シーケンサーとDAW

シーケンサーはMIDIを作成、編集するためのソフト。
DAWはシーケンサーにオーディオを扱う機能をプラスしたもの。

MIDI音源

シーケンサーやMIDIキーボードなどから送信されたMIDI信号に従って音を出す装置。
DTM音源とも呼ばれる。
ハード音源とソフト音源の2つに大別される。
ソフト音源はソフトシンセとも呼ばれる。

MIDI

MIDI対応機器同士で情報をやり取りするための規格。
MIDI対応機器同士はMIDIケーブルを使って通信する。
MIDI信号には楽器の演奏に関する情報のほか、音量や音色の設定などの情報が含まれる。
MIDIファイルやMIDI信号には実際の音は含まれていない。

シーケンサーやDAWでMIDIデータを作ることを打ち込みという。

GM

MIDIの拡張規格。
16パート同時演奏や収録音色の種類などの規定があり、GM音源同士の互換性が向上している。
あるGM音源用に作ったMIDIデータは、ほかのGM音源でもある程度まともに再生することができる。

MIDIキーボード

ピアノ鍵盤で演奏した情報を、MIDI信号として外部に送信することが出来る機械。
MIDIケーブルでパソコンやMIDI音源と接続する。
ただしパソコンにはMIDI端子がない(MIDIケーブルが接続できない)ので、別途MIDIインターフェイスという機材が必要。
最近の製品はUSBケーブルで直接パソコンと接続できるものもある。
MIDIキーボード単体ではMIDI音源がないので、音は鳴らない。

オーディオ

現実の音を録音したもの。
CDやMP3などもオーディオファイルの一種。

サウンドカード

パソコンでオーディオを再生するための装置。
大抵のパソコンには最初から搭載されているが、DTM用のものは機能や音質などの点で標準搭載のものよりも優れている。
DTM用のものはほとんどがASIOに対応している。

最近はパソコンに外付けするタイプの製品が多く、カード型ではないのでこれらは「オーディオインターフェイス」と呼ばれることが多い。

VST

DAWにエフェクターや音源を新しく追加するための規格。
エフェクターの場合は単にVSTまたはVSTfx、音源の場合はVSTインストゥルメント(VSTi)という。

ASIO

サウンドカードのドライバの規格。
DAWとサウンドカードの両方がASIOに対応している必要がある。
発音の遅れが大幅に改善され、MIDIキーボードなどからのリアルタイム演奏が可能となる。

スポンサードリンク